2013.2.6


小笠原諸島 津波注意報   南太平洋ソロモン諸島の地震 (M)8・0
 小笠原諸島は高さは最大で50センチで津波注意報

  


(写真は気象庁)

 気象庁は6日、午後2時40分頃ソロモン諸島沖で発生したマグニチュード(M)8・0の地震の影響で、北海道から九州にかけての太平洋側と、小笠原諸島にも津波が到達する恐れがあるとして、津波注意報を発表した。 到達予想時刻は同日午後4時30分頃小笠原諸島で、高さは最大で50センチとしている。

 小笠原村父島では13時50分ごろ、村内の防災無線で到達予想時刻は「14時30分ころ、高さは50センチ。」と何度も放送し、海岸近くに近づかないで下さいと住民に注意を呼びかけた。

 各地の到達予想時刻は

 ▽小笠原諸島=午後4時30分
 ▽茨城県、千葉県九十九里・外房、伊豆諸島=午後5時

 なお、津波到着は予想より1時間40分遅れ、5時53分10センチの津波を観測した。


トップページに戻る