マップの境浦の地点より25年前に撮影されたもの
手前の沈没船は太平洋戦争中に魚雷を受け、二見
湾に辿り着いて座礁した【濱江丸】


当時のポストカードより 
1998.9.4現在の境浦の風景(あいにくのスコール)
沈没船はほぼ海没し、戦争という悲惨な出来事
が風化しつつあることを考えさせられる。

【濱江丸】の回りは、魚たちの絶好の住み家と
なっている。叉、シーズン中でも境浦海岸は、
アクセスが不便ということもあり比較的に人影
が無くプライベートビーチ感覚を味わいたい方に
は、絶好のロケーション・カップルにはイチ押し
(99.10.16撮影・小笠原新聞社)


 戻る