Click here to visit our sponsor


NEw (07.10.17)

 在日米軍、空母(キティホーク)艦載機

  硫黄島で夜間離発着訓練(NLP)を公開

 在日米軍が今月12日から行なっている米空母(キティホーク)艦載機による硫黄島(東京都小笠原村)での夜間発着訓練(NLP)が16日、報道陣に公開された。訓練は、硫黄島の滑走路を空母の甲板に見立て、戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットなどが夜間離発着訓練を繰り返した。

 艦載機の夜間離発着訓練は、神奈川県の厚木基地(大和、綾瀬市)の周辺8市で騒音が大きな問題となっているが、今回の訓練には、神奈川県の厚木基地からキティホークの艦載機16機が参加し午前11時半から夜まで行われた。

 NLPをめぐっては、厚木基地周辺の騒音軽減などを目的に、93年以降は硫黄島でほとんどの訓練が行われてきた。

 在日米軍は「日本の人々に着陸訓練の重要性を理解してもらいたいとして公開したもの」と話している。

-------------------------------------------------------------------------------

戻る