Click here to visit our sponsor


NEw (07.10.19)

 都議会公明党[小笠原視察団] 訪島

  小笠原空港建設候補地など視察 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 東京都議会公明党の「小笠原諸島視察団」(鈴木貫太郎団長)は18日、小笠原村の重要課題となっている小笠原航空路開設問題や世界自然遺産登録に向けた取り組み、情報システム化問題、福祉・医療など、諸課題の現状を探るため4年ぶりに小笠原を訪れた。同視察団には鈴木団長のほか、藤井一政調会長、高倉良生、伊藤興一氏など各都議員が参加した。

 一行は17日東京竹芝を発ち18日、小笠原父島に到着。早々と視察活動を行ない前田哲都小笠原支庁、村役場、ビジターセンターなど訪問した後、小笠原空港建設候補地の洲崎地区を視察した。また一行は夜、村民との都政報告会を行った。

 視察した鈴木団長らは、「小笠原民の悲願である小笠原航空路の開設、世界自然遺産の登録、村の医療や観光などの施策は、東京都としても極めて重要な施策」だと強調。その上で、「12月に開かれる都議会で小笠原空港問題をはじめ、これらの諸課題を一般質問で取り上げたい」と語り、今後とも積極的に協議していくことが重要との認識を示した。                                 -------------------------------------------------------------------------------

戻る