Click here to visit our sponsor


NEw (2007年12月27日 ) 

              

  本紙が選んだ

  小笠原村2007年10大ニュース (順不同)

 今年07年は、強制わいせつ罪の容疑で逮捕された村議員、窃盗容疑で容疑で逮捕された村役場職員など、小笠原村始まって以来の大きな事件が2件立て続きに起き、村民の政治・行政に対する信頼が大きく揺らいだ1年だった。その一方で、原油高の影響で「おがさわら丸」の運賃値上げ問題や消費物価の軒並みの価格上昇。また、前半には、賛否両論が渦巻いた「統合問題」など、村民にとって不安と混乱が入り混じり、将来の不透明感がますます増した2007年を本紙記事で振り返る。

-------------------------------------------------------------------------------------  

1.世界自然遺産候補

 小笠原諸島を暫定リストに追加 (2007.1.29日 )           

 -------------------------------------------------------------------------  

 政府は29日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き自然遺産登録候補地として、小笠原諸島(東京都小笠原村)を暫定リストに追加することを正式に決めた。また、富士山(静岡、山梨)、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬)など文化遺産候補4件とともに、2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出する。

 小笠原は、明治時代の初め開拓等のより、人によって持ち込まれたアカギ、モクマオウなどの植物やアノール・トカゲ、ノヤギなどの外来種が爆発的に増え、固有種の生態系を脅かしている。そのため、環境省や林野庁はこれら外来種の駆除などの対策を進めている。順調に行けば10年に本推薦する方針だ。

 ------------------------------------------------------------------------------------- 

2.窃盗容疑で小笠原村役場職員(28)を逮捕

    不審火の件も追及−警視庁

  ------------------------------------------------------------------------------------- 

 小笠原諸島父島{東京都・小笠原村)から東京・竹芝桟橋に向かって航行していた定期船「おがさわら丸」(小笠原海運所属・6.700トン、乗客318人)で同僚職員の現金約14万円を盗んだとして、警視庁東京水上署は11日、窃盗容疑で東京都小笠原村の建設水道課主事星裕也容疑者(28)を逮捕した。 

 -------------------------------------------------------------------------  

3. 小笠原村議、強制わいせつ致傷容疑で逮捕

   拘留中の友永議員に辞職勧告 小笠原村議会 全会一致で可決   

  -------------------------------------------------------------------------------------  

  警視庁捜査1課と小笠原署は10月4日、小笠原村議、友永成太(本名・成田行夫)容疑者(58)を強制わいせつ致傷容疑の疑いで逮捕したと発表した。女性は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され今年2月に女性が告訴していた。
 この事件で、小笠原村議会(佐々木幸美議長)は14日、12月定例議会で強制わいせつ罪の容疑で逮捕・起訴された友永議員に対し、村議会の品位と権威を著しく失墜させたとして、佐々木議長に宛に 議員辞職勧告案を 提出し、全会一致で可決した。

-------------------------------------------------------------------------  

4.「おがさわら丸」原油高の影響で運賃値上げは必至 

     値上げに懸念の声----小笠原島民 

  -------------------------------------------------------------------------------------

 来年4月から運賃に関わる調整金(原油の上げ幅に応じた船賃)の導入を受入れるかどうかについて、小笠原村議会は22日、臨時定例議会総務委員会を開いた。小笠原村は、原油高の影響による小笠原航路の定期船「おがさわら丸」(小笠原海運・所有)の運賃改定を巡って、これまで運賃改定案の通知は、同社から村に申し入れがされていた。

 それによると、片道は約3.000円程度にしたい旨の申し入れ通知が有った。これを受け、村は村議会や「航路検討委員会」で改定「おがさわら丸」の運賃値上げは必至で、今後商品価格にも転嫁の動きが拡大する可能性もある。

 -------------------------------------------------------------------------  

5. 小笠原空港建設 航空路 住民説明会

  候補地4案、航空路案の課題等説明

  ------------------------------------------------------------------------- 

 小笠原村は7日、 小笠原空港建設候補地選定案航空路の開設に係る理解を深めるため7日から17日にかけて、母島と父島で一般村民に説明会を開く。小笠原空港建設構想は96年2月に環境庁長官(当時)が、兄島空港に懸念を表明して以来、98年に東京都が父島時雨山周辺を建設地と決めたものの石原慎太郎都知事が白紙撤回。小笠原空港建設計画はとん挫している。

 村はその中で、村民の意見を広く取り入れるため、現在実施中のPI(パブリック・インボルブメント)で寄せられた意見を参考に、村民からの質問も受け理解を求めたいとしている。

 -------------------------------------------------------------------------    

6. 小笠原村「街並み景観づくり」 住民説明会

 都の説明に反応さまざま     

---------------------------------------------------------------------------- 

 「小笠原らしい街並み」を作るために「街並み景観づくり」の一環として「都道のリフォーム」を計画している都小笠原支庁は8月31日、島民を対象とした説明会を小笠原村ビジターセンターで開催した。会場には約40名が参加。説明者側は、東京都小笠原支庁(土木課)、小笠原村(建水課)、東京電力などが出席した。

 都側の説明では「“小笠原らしさ”を演出するため平成16年、都道の西町、東町区間を無電柱化し電線を地中埋設させ、街並み景観づくりを計画した。今回の事業計画は、西町から清瀬にあるトンネルまでの総事業費は8億円で、完成は平成22年。

---------------------------------------------------------------------------- 

7. 「小笠原航空路基本計画調査」を開始---- 都港湾局

   小笠原航空路 父島洲崎活用案検討   

  -------------------------------------------------------------------------     

東京都港湾局は「小笠原航空路基本計画調査」を開始する。入札参加者を24日まで募集、9月12日に決定する予定だ。航空路案4案のうち、父島洲崎地区に第3種空港を建設する「洲崎活用案」については、施設計画や事業規模などを調査して整備基本計画案を検討。また、都・小笠原村・住民で開くPI(パブリック・インボルブメント)を技術面で支援する。

 -------------------------------------------------------------------------  

8.小笠原村長選

  現職の森下氏再選、719票を獲得。   

  -------------------------------------------------------------------------    

 任期満了に伴う小笠原村長選は、7月22日(母島21日投票)投・開票された。開票は午後9時から始まり、集計序盤から森下一男氏(58)=無所属=が終始リード。開票の結果、前回の得票705を14票上回る、719票を獲得し再選を果たした。

 -------------------------------------------------------------------------  

9. 硫黄島「いおうじま」改め「いおうとう」に 

   はれて戦前からの呼称に統一 ---- 国土地理院          

  ------------------------------------------------------------------------- 

 第2次世界大戦の激戦地、小笠原諸島の硫黄島(東京都小笠原村)の読み方について、国土地理院は18日、海上保安庁と合同で地名修正の連絡協議会を開き、「現地の現称が原則」として「いおうじま」から「いおうとう」へ変更することを発表した。北硫黄島、南硫黄島も、ともに「とう」に統一し、地図の表記も「とう」となる。

 -------------------------------------------------------------------------  

10. 村政史上最低の投票率  鯰江満氏がトップ当選  

   新人が大躍進!!      

 -------------------------------------------------------------------------  

 第16回統一地方選挙の後半戦は22日、市町村長・区市町村議と、区長・区議選が投票、一部を除いて即日開票された。小笠原村では村議会議員の8議席をめぐり、6人の現職と3人の9人によって激しい選挙戦が繰り広げられた。

 即日開票の結果、新人の鯰江氏(59)が過去最高得票となる237票を集めトップで当選した。また、同じく新人の友永成太氏(57)、一木重夫氏(35)が初当選、一方、前村議会議長の池田望氏は議席を失なった。投票率は過去最低の79.88%(前回比・5.66ポイント減〕と低調な選挙となった。

-------------------------------------------------------------------------

 =【番外編】=

---------------------------------------------------------------------------------

11.「19年度小笠原村商工会通常総会」29日に開催

   鯰江会長ら8役員退陣の異常事態!!       

 -------------------------------------------------------------------------  

 小笠原村商工会は14日、5月29日(火)に「19年度通常総会」を地域福祉センターで開催することを明らかにした。その中で、現・村議会議員で商工会会長の鯰江満氏をはじめ副会長の前田章、菊池隆氏ら2名のほか理事ら5名の役員が、9日に開かれた理事会で任期満了前に辞任届けを提出していたことがわかった。

 同商工会は、任期満了前に8名もの役員が辞任するという異常事態が起きたことにより、急きょ、通常総会で役員選出選挙を行ない欠員の補充をすることを決めた。

 -------------------------------------------------------------------------  

12. 小笠原村父島に新火葬場完成       

 -------------------------------------------------------------------------   

 小笠原村は28日、平成12年から計画し父島州崎に建設中だった「新父島火葬場」=写真左=が完成し竣工式を行った。

 式典には、森下一男村長を初め、村議会議員、小笠原総合事務所長(代理)、都小笠原支庁長、小笠原警察署長ら30名が来賓として出席した。式典の後、森下村長が火葬炉の火入れ式を行 った。供用開始は5月から。総工費は4億1.000千27万円(小笠原村の単独事業)。

---------------------------------------------------------------------------------------

 本紙WEBNEWSをご愛読頂きましてに有難うございました。

 来年度も引き続き「小笠原関連のニュース」を掲載しますので、ご愛読の程、宜しくお願い申しあげます。     ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る