Click here to visit our sponsor


NEw (2007年11月12日 )           

定期船「おがさわら丸」で不審火5件と財布など窃盗も

 放火・窃盗両面で本格捜査 ---- 東京海保

  ------------------------------------------------------------------------- 

 小笠原諸島父島{東京都・小笠原村)から東京・竹芝桟橋に向かって航行していた定期船「おがさわら丸」(小笠原海運所属・6.700トン、乗客318人)から10日から11日にかけて、Bデッキ上のトイレやcデッキの通路のゴミ箱が焼ける不審火が5件が発生した。不審火は同船の乗務員が駆けつけ、間もなく鎮火し、けが人は出ていないという。

 東京海上保安部の調べによると、11日朝頃に乗客の男性の荷物から現金約14万円入りの財布と携帯電話が盗まれていることも判明した。 同保安部は、 現在、放火及び窃盗事件として調べている。

 不審火や窃盗が相次いだ事件で、東京海上保安部は、11日午後東京竹芝に到着した同船の乗客・乗員およそ350人から船をおりる際、任意で事情聴取した上、指紋を採取するなどし本格捜査に乗り出した。

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る