Click here to visit our sponsor


NEw (2007年12月14日 )           

  第4回小笠原村議会定例会開催

  航空路開設問題、世界自然遺産登録などを審議

    友永議員の辞職勧告案など提出

  -------------------------------------------------------------------------------------  

 平成19年第4回小笠原村議会定例会が、12月13日から14日の2日間の会期で開かれた。初日、本会議開催の前、村役場職員の建設水道課主事星裕也容疑者(28)が現金約14万円を盗んだとして、警視庁東京水上署に窃盗容疑で逮捕された職員の不祥事について、森下一男村長は「小笠原村民の生命、身体、財産を守る立場にある職員がこのような不祥事を起こしたことを深くおわび申し上げます」と、陳謝した=写真右=。また、職員の処分については「今後の推移を見守りながら対処したい」と述べた。

 13日午前10時から行われた定例議会では、一木重夫、鯰江満、大澤彰、杉田一男、佐々木哲子、稲垣勇、各議員らの順で一般質問が行われ。「小笠原航空路開設問題」、「世界自然遺産登録に向けた小笠原村の取り組み」、「観光振興策」など質問された。

 今議会ではインターネット接続サービス事業に関する条例の一部を改正議案など9件、強制わいせつ罪の容疑で逮捕され未決拘留中の、友永成太議員辞職勧告案の発議1件など、計10件が上程され可決・承認された。

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る