Click here to visit our sponsor


NEw (2007年12月15日 )

 村議会「総務委員会」             

  「おがさわら丸」運賃改正は 1.700円(片道)----海運妥協案提示

   来年4月から実施----海運、小笠原村で合意の方向  

  -------------------------------------------------------------------------------------  

 14日開かれた村議会「総務委員会」(大澤彰委員長)では、小笠原海運側から提示された定期船「おがさわら丸」運賃料金値上げに関する調整金導入の申し入れの内容など執行部から説明がされた。小笠原村は、先月27日に森下一男村長、佐々木幸美議長、大澤彰総務委員長らが上京し小笠原海運側と会談を行っている。

 それによると、海運側から「赤字軽減のために内部努力をしているが、それによって吸収する限界を超えているので調整金を加算する意向であることに変わりない」としながらも、当初3.000円(片道)程度の値上げを、妥協案として1.700円(片道)程度の値上げの線を提示。小笠原村側との話が進められた事が明らかになった。

 森下村長は、最終案をもって再度上京し、小笠原海運鮫島宗男社長と会談を予定。最終的には、1月中旬には調整金導入を受入れる方針だ。なを、相互の意見の合意を見れば改正運賃は来年4月から実施される。

  ※・調整金(原油の上げ幅に応じた船賃)

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る