Click here to visit our sponsor


NEw (2007年12月29日 ) 

“亜熱帯の島”小笠原父島に

  船員サンタが船でやってきた

 -------------------------------------------------------------------------------------   

 東京から1.000kキロ離れた“亜熱帯の島”小笠原村父島に12月22日、定期船「おがさわら丸」(小笠原海運所有・6.700トン)が入港。サンタクロースに扮した同船の船員が、集まった数百人の小笠原の子供達にクリスマスプレゼントを送った。

 亜熱帯の島とあって、この日の気温は23度と快晴。もちろんクリスマスツリーには白い雪やトナカイもなし。子供達は、半袖やTシャツ姿でサンタさんから「お菓子」や「おもちゃ」をもらって大喜びしていた。小笠原海運では幅広い地域活動を行って島民との交流を積極的に取り組んでいる。

 この行事は、小笠原海運の故・尾上社長(当時)が小笠原に来島したとき、何か地域に貢献できることはないかと考え、子供達にクリスマス・プレゼントをしようと思いついた事が実施のきっかけ。20数年続いているこの行事も、子供達や父・母のあいだで好評になり、今ではすっかり定着している。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る