Click here to visit our sponsor


NEw (2007年5月17日 )         

 小笠原村父島から大阪に向かった6人乗りヨット消息不明

   第5海保本部 航空機、巡視船で捜索

 小笠原諸島(東京都・小笠原村)父島から大阪府堺市へ向かっていた6人乗りのヨット(船長・柳内義博)さん(65)所有のクルーザーヨット「遊友(ゆうゆう)」(全長約11メートル)が、今月6日を最後に連絡が取れず、予定を過ぎても帰港しないため、第5管区海上保安本部などが16日夜から巡視船を出動させた。

 17日には、同本部などが本格的な捜索を始めたが、航空機2機や巡視船で 父島から紀伊半島沖を捜索しているが、17日現在、遭難信号は出ておらず、依然、消息はつかめていないという。

 同本部によると、クルーザーヨットには、柳内さん(大阪市北区曽根崎在住)のほか、大阪府や兵庫県などの男性4人、女性1人の計6人が乗っていた。同船は先月22日に堺市のマリーナを出発し、今月6日、小笠原父島から乗組員の家族に「7日に出港し13日ごろに堺市に帰港できる予定だ」と携帯電話で連絡があったという。

 その後、消息がわからなくなり、16日夕方、乗組員の家族が通報した。 同本部などは、父島から紀伊半島沖を捜索しているが、17日現在、遭難信号は出ていないという。

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る