Click here to visit our sponsor


NEw (2007年6月19日 )          

  硫黄島「いおうじま」改め「いおうとう」に 

   はれて戦前からの呼称に統一 ---- 国土地理院

  ------------------------------------------------------------------------- 

 第2次世界大戦の激戦地、小笠原諸島の硫黄島(東京都小笠原村)の読み方について、国土地理院は18日、海上保安庁と合同で地名修正の連絡協議会を開き、「現地の現称が原則」として「いおうじま」から「いおうとう」へ変更することを発表した。北硫黄島、南硫黄島も、ともに「とう」に統一し、地図の表記も「とう」となる。硫黄島を行政区域内とする小笠原村では、ことし3月に村議会が呼び名の変更を求める決議をしている。

 小笠原村によると、戦前から、旧島民の間では、「いおうとう」と呼んでいたが 、昨年公開された米国映画「硫黄島(いおうじま)からの手紙」の影響もあり、テレビなどで「じま」と発音されることが多くなったため、「いおうとう」に戻すべきだという声が以前から強く、旧島民から苦情が寄せられていたという。 

 このため、国土地理院と海図を担当する海上保安庁が協議した結果、村の要望どおり、島の呼び名を「いおうとう」に変えることを決めた。国土地理院の地図はことし9月から、海上保安庁の海図では近く、島の呼び名が「いおうとう」と表記される。

 これについて、海上保安庁海洋情報部の高橋陽蔵主任海図編集官は「決定された島の読み方を変更するのはたいへん珍しいことだが、現地の呼び名を採用するという原則があり、小笠原村からの要望もあって変更することにした」と話している。

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る