Click here to visit our sponsor


NEw (07.07.28)      

 世界自然遺産目指す 小笠原諸島南硫黄島で     

   新種の陸貝を発見 ---- 東京都

 -------------------------------------------------------------------------

 東京都は27日、世界自然遺産登録を目指す小笠原諸島(東京都・小笠原村)の南硫黄島(みなみおうとう)の現地調査で、陸上の樹木に生息するキバサナギガイ属などの新種とみられる4種の貝類を発見したと発表した。

 また、絶滅危惧(きぐ)種の鳥類「クロウミツバメ」の生息も確認。「小笠原固有の貴重な自然の存在が証明された」として、政府は調査結果を、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に提出する登録推薦書に盛り込む。

 同島の調査は(調査隊長・加藤英寿・助教首都大学東京大学院)6月16日から約2週間の日程で、首都大学東京と合同で実施した。同島の調査は旧環境庁が1982年に実施して以来25年ぶり。 

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る