Click here to visit our sponsor


NEw (07.08.08)       

 小笠原父島で 米軍製250キロ不発弾発見

  現場附近立ち入り規制----小笠原村

----------------------------------------------------------------------------

 7月29日午前9時ごろ、小笠原村父島三日月山北側海岸で散策していた地元の島民が不発弾らしきものを見つけ、翌30日、警視庁小笠原警察署に通報。同署は、本庁通じ海上自衛隊横須賀基地に不発弾処理を依頼した。

 通報を受けた海自横須賀基地は、8月3日、水中処理班を派遣。現場の調査をしたところ、米軍製250キロ爆弾と確認。不発弾には信管が付いていたことから、処理班は不発弾の安全対策を講じたうえで、今月下旬に爆破処理を行なう。

 村では、爆破処理が行われるまで、附近を航行する船舶や一般の島民らに、現場附近には近寄らないよう注意を呼びかけている。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る