Click here to visit our sponsor


NEw (07.08.16)     

「終戦62年」節目の終戦記念日

 小笠原村で小笠原諸島戦没者追悼式

----------------------------------------------------------------------------   

 62回目の終戦記念日を迎えた15日、小笠原村、社会福祉協議会主催の「小笠原諸島戦没者追悼式」が午後5時から地域福祉センター(父島・清瀬)で開かれた。式典には、森下一男村長、村議会議員のほか、笹木平・国交省小笠原総合事務所長、前田哲・都小笠原支庁長、小笠原在住旧硫黄島民の会代表や遺族ら約120人が参列し、国のために犠牲となった人々を追悼し、恒久平和への誓いを新たにした。

 追悼式では、先の大戦で亡くなった310万人に上る戦争犠牲者の冥福を祈るとともに、本土で真っ先に戦場となった“硫黄島”で戦没した日本軍将兵2万3千余人と、硫黄島民軍属82人らの御霊に「安らかに眠って下さい」と祈った。

 8月15日は「終戦62年」の節目の日。小笠原村は正午の時報に合わせ島民全員が黙とう。全島平和への思いに包まれた。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る