Click here to visit our sponsor


NEw (07.09.08)      

低所得者の都民税免除見送り

  選挙公約見直し----石原知事

---------------------------------------------------------------------------- 

 東京都の石原慎太郎知事は七日の定例会見で、2008年度から実施を予定していた個人都民税の免除措置を見送る方針を明らかにした。この減税策は、今春の都知事選で石原都知事が掲げた公約にしていたが、都庁内部からも「減税効果が小さい」、「一律減税では逆に違う不公平が生ずる可能性がある」など、効果を疑問視する声が出ていた。都は代替案として、来年度予算案に低所得者向けの就労支援策などを盛り込む方針だ。

  石原都知事は、定例会見で個人都民税減税について、「(都知事選の)公約の一つにしたが見直すことにした」とし、「税金の免除ではなく、政策として手当てする方法が公正と考えた」と、強調し、公約違反ではないかとの質問には、「違反には当たらない。むしろ公約の進化だ」述べた。 

-------------------------------------------------------------------------------

戻る