Click here to visit our sponsor


NEw (07.09.23)

 領海や排他的経済水域(EEZ)を守れ

 沖ノ鳥島(小笠原村)や南鳥島

    護岸工事や港の整備

---------------------------------------------------------------------------- 

 国土交通省は22日までに、領海や排他的経済水域(EEZ)を守るため、日本最南端の小笠原諸島沖ノ鳥島(東京都・小笠原村)をはじめ無人離島の護岸工事や港の整備などの保全策に来年度から取り組むことを決めた。周辺の海洋情報を収集して発信する基地の建設も検討する。

 こうした島々は最悪の場合、海岸線の浸食や地球温暖化による海面上昇で水没する恐れが指摘されており「広域のEEZが消失し、海洋のエネルギー資源開発や漁業資源の面で大きな損失になる」(国交省)ため、海洋基本法に基づき保全を進める。

 2008年度は有識者の研究会を設置。沖ノ鳥島(都・小笠原村)や南鳥島(同)、沖大東島(沖縄県北大東村)と周辺海域の現況について、海上保安庁や海運会社から聞き取り調査を行う。

 研究会はさらに(1)海岸線の保全方法(2)気象データを収集し本土や付近の船舶に発信できる海洋基地建設−などを検討。早ければ09年度から必要な事業に着手する。

 共同=2007/09/22

-------------------------------------------------------------------------------

戻る