Click here to visit our sponsor


NEw (2008年2月26日 )  

  小笠原観光にガイド義務化

   林野庁が保全管理計画案

 -------------------------------------------------------------------------------------   

 林野庁は2月26日、世界自然遺産登録を目指す小笠原諸島(東京都小笠原村)の貴重な森林生態系を守るため、観光客が保存地区に入る際は同庁の講習を受けた自然ガイドの同行を義務付ける「保全管理計画」案をまとめた。3月に決定し、9月から適用する。

 対象地域は同庁長官が定める森林生態系保護地域のうち95%超を占める5319ヘクタールの保存地区で、小笠原諸島の総面積のほぼ半分に相当する。私有地や公道の通行などを除き、原則的に同庁の立ち入り許可が必要になる。

 許可の対象は自然ガイドを伴った5−15人の観光客や、住民がレクリエーションや環境教育などを行う場合などに限る。固有種のアカガシラカラスバトなど希少鳥類の繁殖期には営巣地などへの立ち入りを禁止する。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る