Click here to visit our sponsor


NEw (2008年3月19日 )   

 定期船「おがさわら丸」船内で放火

  小笠原村元職員を再逮捕

 -------------------------------------------------------------------------------------   

 小笠原諸島父島と東京・竹芝桟橋を結ぶ定期船「おがさわら丸」(6700トン・乗客乗員計約350人)の船内で放火したとして、警視庁捜査1課と東京水上署などは19日、建造物等以外放火の疑いで、元小笠原村役職員・建設水道課主事星裕也容疑者(28・窃盗罪で起訴)を再逮捕した。

 捜査1課によると、星容疑者は「「仕事などの人間関係でもやもやして火を付けた」と供述しているという。

 調べでは、星容疑者は昨年11月11日午前零時ごろ、小笠原諸島の父島から東京の竹芝桟橋に向かって航行中の「おがさわら丸」の船内で、通路に置いてあったダイビング用バッグにライターで火を付けた疑い。同署では、連続した数件の不審火への関与も追及する。

 星容疑者は船内で財布を盗んだとして昨年12月に逮捕、起訴された。06年7月と07年6月の2回、村役場の金庫などから約70万円を盗んだ罪でも先月起訴された。

 小笠原村役場によると、星容疑者は08年02月付で懲戒免職の処分を受けている。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る