Click here to visit our sponsor


NEw (2008年4月03日 )   

下げても1リットル229円 

 輸送費かさみ、ガソリン高値−価格競争、離島にも

 -------------------------------------------------------------------------------------   

 ガソリン大幅値下げを生んだ暫定税率の期限切れは1日、人口が少ない離島にも影響を及ぼした。鹿児島県の与論島では激しい価格競争が始まり、東京・小笠原諸島は1リットル252円から229円への引き下げが可能となった。それでも輸送費がかさむ構造的な高値は変わらず、スタンド経営者らは「離島の現状を知ってほしい」と訴えている。

 東京の南約1000キロにある人口約2400人の小笠原諸島・小笠原村父島。島内に2カ所あるスタンドの一つ「小笠原商事」を営む岸悦子さん(54)は「4月入荷分が捌けてから23円ほど下げる予定」と話す。1日現在の価格は252円。値下げしても230円を切るのがやっとだ。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る