Click here to visit our sponsor


NEw (2008年6月24日 )                                    

 公開シンポジウム開催 「小笠原の文化を考える」

  26日、27日 6時30分から 小笠原地域福祉センター  

-------------------------------------------------------------------------------------- 

とき:6月26日(木)18:30〜21:00

      27日(金)18:30〜21:00

ところ:小笠原村地域福祉センター2階会議室

主催責任者 ダニエル・ロング首都大学東京人文科学研究科準教授

6月26日(木)18:30〜21:00

●小西潤子 「小笠原、沖縄、ミクロネシアの行進踊りの号令に関する比較」

●山口真名美 「小笠原の新しい文化としてのフラの過去と現在」

●エルドリッヂ・ロバート 「小笠原返還と日米関係」

●質疑応答・総合ディスカッション「小笠原文化 ― 何を、どう伝えるか」

6月27日(金)18:30〜21:00

●延島冬生 「地名に見られる小笠原の文化」

●ダニエル・ロング 「世界の島言語から見た小笠原の面白さ」

●森 恭一 「小笠原文化におけるクジラとイルカ」

●    質疑応答・総合ディスカッション「観光資源としての小笠原文化を考える」

 ※ エルドリッヂ・ロバート 大阪大学大学院国際公共政策研究科準教授

   小西潤子        静岡大学教育学部準教授  

   森 恭一*         小笠原ホエールウォッチング協会主任研究員

   山口真名美*       Na Pua Nani o Makua(ナァ・プア・ナニ・オ・マクア) 代表

   延島冬生*       日本地名研究所会員 *小笠原村民    

 これらの研究は2007年度サントリー文化財団の研究助成金「日本の多文化、多民

族、多言語社会である小笠原諸島の過去と現在に関する調査研究」(ダニエル・

ロング研究代表)を受けたものです。

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る