Click here to visit our sponsor

             


NEw (2009年2月20日 )                   

 小笠原村議に実刑=強制わいせつ 東京地裁

   即日控訴−友永被告 

-----------------------------------------------------------------------------------   

 東京都小笠原村の父島で、地元金融機関の営業のために訪ねてきた団体職員の女性(当時・31)の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた小笠原村議、友永成太(本名・成田行夫)被告(59)に対し、東京地裁は17日、懲役1年6月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、友永被告は04年7月、自身の農作業小屋で、仕事の関係で訪れた30代の女性に無理やりキスし、服の上から胸を触るなどした。

 友永被告は「合意の上で無罪」を主張したが、高橋正幸裁判官は「反省する態度を全く示していない。嫌がる被害者にいきなり抱きつくなど卑劣で悪質な犯行だ」と退けた。同被告は、この判決を不服とし、即日控訴手続をした。

 友永被告は07年4月の小笠原村議選(定数8)で初当選。172票を獲得して第2位で当選した。「友永成太」の名前でカメラマンとしても活動し、写真集も出版している。

-----------------------------------------------------------------------------------

戻る