Click here to visit our sponsor

             


NEw (2009年3月04日 )                   

 戦没者遺族ら76人

  硫黄島訪問 慰霊を巡拝

----------------------------------------------------------------------------------

                                     写真=戦没者慰霊式で、祭壇に献花する遺族ら(3日)=代表撮影 

 太平洋戦争末期の激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)で3日、厚生労働省主催の慰霊巡拝が行われ、大村秀章副大臣ら同省関係者20人と遺族ら76人が参列し、戦没者の冥福を祈った。

 遺族の最高齢は、娘に付き添われ、戦没者の妻としてただ一人参列した岩手県花巻市の小畑カチさん(94)。「戦没者の碑」前で行われた追悼式では、父を亡くした宮野綾子さん(77)(山口県下関市)が遺族代表として「皆さま方は本土と家族とを夢見ながら、この孤島で無念に世を去られました。常しえに安らかにお眠り下さい」と追悼の言葉を述べた。参列者はその後、島内をバスで周回し、戦跡を巡った。

 硫黄島では日本側約2万1900人、米側6821人が戦死。これまで収集・送還できた日本側の遺骨は約8600柱にとどまっており、同省は来年度から未発見の地下壕(ごう)を見つけるための調査を始める。

                                     ( 読売新聞)

-----------------------------------------------------------------------------------

戻る