Click here to visit our sponsor           


NEw (2009年5月13日 )   

「説明会」問題点浮き彫り --- 小笠原観光協会 

 反省の弁なし「契約」の問題も新たに浮上!!

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------  

 小笠原観光協会(古賀昭仁会長)は12日、小笠原村地域福祉センターで、ツアーデスク兼ゼネラルマネーマネージャーの久保田道雄氏=写真・左=を呼び、久保田氏が「小笠原海洋学校創設」「 ウェディング・こだわりの旅」など、小笠原聖ジョージ教会の写真や挙式プラン等が久保田氏個人の経営するホームページ上に無断掲載した問題で、ようやく「説明・謝罪会見」を開いた。

 この日、説明会に集まったのは、古賀会長を初め吉井副会長、理事のほか、会員26名が出席した。冒頭、事務局から、久保田氏が同協会に就任した経過や同氏経営の旅行代理店(トラベルプラザ)のホームページ上に無断掲載した経緯と、聖ジョージ教会の「質問書」に対し、回答や謝罪したことなど が説明がされた。

 次に質疑応答に移った。久保田氏の一連の言動に不信感を抱く数人の会員から「村長、副村長、協会の会長との記念撮影など記事が掲載されているが、小笠原村から了解を得て掲載したのか、また、『 ウェディング・こだわりの旅』のなかで、教会の写真が掲載され結婚式が出来ると書かれているが事実なのか。さらに、何故、ホームページを掲載する前に、事前に会長や理事に相談しなかったのか」などの質問がされた。

 これに対し、久保田氏は「いや、了解は取っていない。これについては、基本的には小笠原の観光振興、観光立島を図るにはこれらが絶対必要だろうと、思っている。こうしたホームページを作成するのは、本来は、観光協会でやるべきことだと思っている」と、支離滅裂な答えで開き直る始末。 

 ところが、時間が経つにつれ無断掲載した問題など反省の姿勢を見せたのは最初だけで、同氏は「小笠原観光の振興のため」と大威張り。ホームページ上に無断掲載したことについても「問題ない。こんなことは、旅行業界では普通のこと」と切って捨てる。「そんなこと、とても信じられない。久保田氏はいったいどんな神経をしているのか」と、 会員からは憤りの声があがった。

 また、ある理事は「(久保田氏は)小笠原のために一生懸命にやっており、感謝している。労を労いたいくらいだ。ホームページに無断掲載したことなんて小さな問題。就任以来、それなりの実績を残している。こうした点も評価すべきだ」と語った。 

 「説明会といっているが、これは単なる“弁解”の会で“謝罪”の言葉がひと言もない。ますます不信感が募る」などの声が会員側から上がり、「納得できない・責任をとって辞任すべき。15日に開かれる総会で久保田氏の“罷免動議”を出す考えだ」など強行な意見が飛び交うなど、久保田氏への不信感が改めて浮き彫りになった。 

 古賀会長は、辞任を求める意見にも「後任を決めるのにどうすればいいのか、良い意見があれば出してほしい。あなた方はこの島を目茶苦茶にしたいのか“頭に来る”」と、言葉を荒げる始末。 

 また、ツアーデスクの契約に関わる「契約金」の問題も新に浮上。説明では、月収50万円、契約金10万円の計60万円(旅費および諸経費は別)。契約時には210万円を前払いしている。ところが、この問題で、契約時に契約条項や契約金の支払いが適正かどうかに付いて、契約に立ちあった当事者の古賀会長は「よく解らなかった」と答えるにとどまった。 

------------------------------------------------------------------------------------- 

戻る