Click here to visit our sponsor

             


NEw (2009年5月26日 )   

 アホウドリのヒナ15羽すべて巣立ち…小笠原・聟島

----------------------------------------------------------------------------------------------------

  聟島から巣立つアホウドリのヒナ=山階鳥類研究所提供

 環境省は25日、小笠原諸島・聟島(むこじま)(東京都・小笠原村)で人工飼育していた国の特別天然記念物のアホウドリのヒナ15羽すべてが、この日までに巣立ったと発表した。

 ヒナの人工飼育は昨年に続いて2度目。最大繁殖地の伊豆諸島・鳥島(同)の火山活動が活発なため、安全な繁殖地を作ろうと、山階鳥類研究所と共同で始めた。巣立ちまで人工飼育することで、聟島を生まれ故郷と思いこませ、新たな繁殖地にする計画だ。

 1羽めの巣立ちは今月11日で、順次飛び立った。ヒナは北太平洋のベーリング海やアリューシャン列島などへ渡っていくと予想され、このうち7羽に装着した小型の発信器と人工衛星で行動を追跡調査する。

                           (2009年5月25日 読売新聞)

------------------------------------------------------------------------------------- 

戻る