Click here to visit our sponsor

             


NEw (2009年5月30日 )   

 都が 硫黄島で27回目の 戦没者追悼式

 遺族ら50人参列「二度と悲惨な戦争を繰り返さぬ---」

----------------------------------------------------------------------------------------------------

※・写真=硫黄島平和記念墓地公園で献花する遺族代表(中央)ら=29日午後、東京都小笠原村(代表撮影)

 太平洋戦争末期の激戦地で、旧日本軍将兵約2万1千人が死亡した硫黄島(東京都・小原村)で29日、都主催の戦没者追悼式が自衛隊基地内の体育館で行われ、遺族や都幹部ら約50人が参列、戦没者の冥福を祈った。この日は早朝からの雨のため遺族らはその後、「鎮魂の丘」へ移動、慰霊碑に献花と献水をした。

 式には戦死した戦没者の家族や孫などの遺族計34人が出席。雨のため参列者らの島内巡拝も簡略化された。追悼式は1983年から始まり、今年が27回目。石原慎太郎知事の式辞を福祉保健局の杉村栄一次長が代読、全員が起立し黙とうをささげた。

 遺族代表の森谷明さん(81)さん=江戸川区=は「みなさまの勲功を忘れず、後世に伝えるとともに、二度と悲惨な戦争を繰り返さぬことを誓います」と述べた。遺族らはその後、雨が降り続く中「鎮魂の丘」へ移動、慰霊碑に献花と献水をした。

------------------------------------------------------------------------------------- 

戻る