Click here to visit our sponsor


NEw 「東洋のガラパゴス」小笠原諸島の国立公園区域を拡大へ

  -------------------------------------------------------------------------------------  

小笠原諸島に姿を見せたザトウクジラ=小笠原村観光協会提供
 豊かな生物多様性で「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ、11年夏の世界自然遺産の登録を目指している小笠原諸島(東京都)の生態系の保全を強化するため、環境省は7日、国立公園の区域を拡大、計画も大幅に見直す方針を明らかにした。

 陸上では、小笠原特有の植物「アサヒエビネ」や希少動物「アカガシラカラスバト」などの保全のため、森林伐採や工作物設置などの規制が最も厳しい「特別保護地区」を現行の約1.7倍、公園全体の4分の3にあたる4934ヘクタールに拡大する。

 海では、ザトウクジラなどの生息地となる水深150〜200メートルの沖合までを公園区域に編入、面積は現状の約2.4万ヘクタールが約10万ヘクタールになる。サンゴ礁が豊かな海域については、新たに7カ所を海中公園地区に指定、全体では計14カ所で780ヘクタールになる。

 見直しは72年の国立公園への指定以来初めて。9日の中央環境審議会自然環境部会の了承を得て、9月に決まる。


「小笠原諸島」世界自然遺産候補に…環境省
 環境省は、小笠原諸島(東京都)を世界自然遺産の登録候補として、来年1月にも国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会に推薦する方針を決め、9日開かれた中央環境審議会(環境相の諮問機関)に報告した。


 同諸島は、南北400キロ・メートルにわたって30余りの島々が点在。地球の進化を示す貴重な地形や岩石が残り、独自の進化をとげた希少な動植物が生育している。海域は、ザトウクジラなどの重要な繁殖域になっている。2007年に世界自然遺産暫定リストに掲載された。

 登録に向けて課題とされていた外来種の対策は、柵の設置や駆除を進め、効果が上がってきた。同省ではさらに、同諸島の国立公園を拡充する。陸域の国立公園面積を193ヘクタール追加。最も規制の厳しい「特別保護地区」を、現行の約1・7倍の4934ヘクタールに拡大する。海域の公園面積も約4倍の10万ヘクタールに拡大する。

(2009年7月9日11時18分 読売新聞)

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る