NEw 09.7.22

           46年ぶりに皆既日食 硫黄島で観測、悪石島は雨
 
 写真提供ー硫黄島沖 国立天文台

  -------------------------------------------------------------------------------------  
 
 月が太陽を完全に覆い隠す皆既日食が22日、鹿児島・トカラ列島や奄美大島北部などで起きた。日本の陸地でこの壮
大な天体ショーが見られるのは1963年7月21日の北海道以来、46年ぶり。国立天文台は硫黄島(東京)で皆既日
食の観測に成功。北硫黄島沖(東京都・小笠原村)で「皆既日食ツアーで竹芝~父島間の定期船「あがさわら丸」からも、も皆既の直前、直後にダイヤモンドリングなどが見えた。

また、同海域沖を航行していた客船「ふじ丸」からは22日午前11時26分ごろ、ダイヤモンドリングが見え、6分半ほどの皆既日食が観測できた。甲板の乗客や研究者ら約100人が空を見上げて拍手をしたり「万歳」「やった」などと大きな歓声を上げた。

 一方、多くの天文ファンが訪れたトカラ列島の悪石島や奄美大島の観測場所では、雨や雲のため黒い太陽を見ることは
できなかった。

 国立天文台によると、硫黄島付近の太平洋上の皆既継続時間は6分44秒で、今世紀に起きる皆既日食でも最長。人が
住む場所で継続時間が最も長いのは、トカラ列島の悪石島で6分25秒。

 皆既日食が起きる「皆既帯」はインドを起点にネパールや中国などを通過。悪石島では午前10時53分すぎ、皆既に
なった。奄美大島北部のあやまる岬(奄美市笠利町)でも同55分すぎから3分32秒間継続した。
 
2009/07/22 12:49 【共同通信】

  ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る