Click here to visit our sponsor
--------------------------------------------------------------------------------------

 2009.8.22                                          

 
資源開発支援へ離島を拠点化
  日本最東端の南鳥島整備へ-国交省


 国土交通省は20日、日本の最東端である南鳥島(東京都小笠原村)で、資源開発や海洋調査といった活動を支援するための拠点整備に乗り出す方針を固めた。同島周辺では希少金属の採鉱が有望視されており、埋蔵量の探査や採掘技術の開発を後押しする。2010年度予算概算要求に港の概略設計を行うための必要経費を盛り込む。

 南鳥島は東京から南東に約1950キロメートルの太平洋上にある孤島。同省は、日本周辺海域での資源開発強化に向け、南鳥島を具体的な開発支援態勢づくりのモデルケースとしたい考えだ。

 南鳥島周辺では、リチウムイオン電池の電極材料などに使われるコバルトを含んだ鉱床が確認されており、経済産業省が詳しい調査を行う方針。

 ただ、同島に船舶の係留施設はなく、現在の駐在人数は海上自衛隊の隊員ら計約30人。周辺海域での資源開発が進めば人の出入りも増え、調査船や物資輸送船の係留が必要となる。(2009/08/20-14:54)


 ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る