Click here to visit our sponsor
--------------------------------------------------------------------------------------

 2009.9.16

 
◎在日米軍司令部:24日から硫黄島でNLP実施 


 在日米軍司令部は14日、防衛省を通じ、原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)の艦載機による夜間発着訓練(NLP)を24日~10月2日、硫黄島で実施すると発表した。訓練機種はジェット戦闘攻撃機など固定翼全機種。訓練時間は午前11時~翌午前2時。

 悪天候により硫黄島で訓練が実施できない場合は、厚木基地で29日~10月3日、岩国基地と三沢基地で10月1~3日の日程で、一部または全部を行う。3基地とも訓練時間は午後6時~同10時。

 NLPの実施通告に対し、綾瀬市の笠間城治郎市長は「市民は日ごろの騒音で精神的、肉体的苦痛を強いられている」と訴え、これ以上の騒音は「到底容認できない」としている。大和市の大木哲市長は「運動会など多くの学校や地域行事が予定されている」と懸念。台風が頻繁に発生する時期だが「NLPを硫黄島で実施するよう強く求める」としている。【毎日新聞】

 ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る