Click here to visit our sponsor
--------------------------------------------------------------------------------------

 2009.12.05
            
訃 報
  
  
      葬儀は7日午後1時から 都議会議長など歴任

      自民党都議 川島忠一氏 多臓器不全のため死去 62歳 


 都議会の議長や自民党会派の幹事長を歴任した川島忠一都議(島部、7期)が4日、多臓器不全のため文京区の病院で死去した。62歳だった。

 大島町議を2期務めた後、85年に都議に初当選し今年7月の都議選まで連続7回当選した。99年に都議会自民党幹事長、05年には議長に就任。全国都道府県議会議長会長も務めた。島しょ部の振興に力を注ぎ、都議会の重鎮として活躍した。

 内田茂・自民党都連幹事長は「長く都政の発展に尽力したかけがえのない友人を失い、断腸の思いだ。まだまだ活躍してもらいたかった」と話した。葬儀は7日午後1時、大島町元町4の13の5の海中寺で、喪主は母政子(まさこ)さん。

 川島都議の死去により、島部選挙区で補選が行われる。公職選挙法によると、議長が都選挙管理委員会に欠員を通知してから50日以内に実施される。

 ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る