改選後初の村議会

  村長の基本姿勢を糾弾 ー 宮川晋氏

 平成十一年度第二回村議会定例会が、六月十五日午後四時三十分、本会議を皮切りに始まった。今回の定例会は、実質的には、四月二十五日に行われた統一地方選挙小笠原村村議選の改選後初めての定例会で、新議員に返り咲いた宮川晋氏を初めとして、新人の原田龍次郎氏、杉田一男氏の両議員の顔ぶれが出そろい、緊張した雰囲気の中で開かれた。

 初日の本会議では、櫛田真昭議会運営委員長から村議会の効率化と円滑化図るため、これまで設置されていた小笠原空港建設特別委員会、基地対策特別委員会、高齢者対策特別委員会などの特別委員会を廃止し、これまで常設されていた二つの総務文教委員会と産業建設委員会のを一本化し、一つの総務常任委員会を設置することが決まった。

 総務委員長には、 菊池聰彦氏、副委員長には原田龍次郎氏が就任した。同委員会は委員長のほか七人の議員で構成されることになった。

議会/行政のページに戻る