2010.6.23

「沖縄全戦没者追悼式 」菅直人首相就任後初めて出席

 「沖縄の基地問題・県民負担」に謝罪 
    「何が感謝」かと怒号とヤジ 



 戦後65年の「慰霊の日」の23日、沖縄全戦没者追悼式(主催・県、県議会)が糸満市摩文仁の県平和祈念 公園で開かれた。県内外から約5500人が参列、沖縄戦の犠牲者へ追悼の祈りをささげた。菅直人首相は就任 後初めて来県し、参列。今もなお米軍基地が集中する沖縄の負担について「全国民を代表しておわびする」と謝 罪した上で、「アジア太平洋地域の平和につながった」とも述べ、謝意を示した。

 県遺族連合会の仲宗根義尚会 長は、米軍普天間飛行場の移設先を名護市辺野古と明記した日米合意に触れ、「県民の意思は明確。戦争につな がるいかなる行為も反対の観点から容認できない」と訴えた。

 菅直人首相が、悲惨な戦争の犠牲者の冥福を祈る沖縄全戦没者追悼式で口にした場違いな基地負担への感謝発言に、参列者からは「冗談じゃない」との怒号も飛ぶなど県民との意識の落差が浮き彫りになった。首相は式典 で「普天間」移設問題には直接触れない一方、振興策には積極的に言及。

 赤繁明法さん(62)(沖縄市)は「全く期待していない。振興策を振りかざして沖縄を分断するのではないか」 と強い警戒感を示した。約30年間、ほぼ毎年追悼式に参加する琉球大の高嶋伸欣名誉教授は「基地を沖縄に押 し付けて、涼しい思いをしていることへの認識がまったく欠けている」と厳しく批判。菅首相と会談した仲井真弘多知事も「ピンとこない。県民には『何が感謝ですか』という感じだ」と、あきれ顔だった。

  菅首相が会場に入る際には普天間移設に反対する市民団体が抗議した。また、来賓あいさつで登壇した際には 「帰れ」とヤジを飛ばした男性が関係者に制止され、会場から連れ出される場面も。あいさつ終了後の拍手は淡々としたものだった。                                               【2010.6.23・時事】


                          戻る