2010.7.13
 長妻厚労相が硫黄島慰霊へ
 
  遺骨収集視察と追悼式

 厚生労働省は12日、長妻昭厚労相が第2次世界大戦末期の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)を14日から訪問すると発表した。旧日本兵の遺骨収集現場や地下壕を視察し、15日に政府主催の追悼式に出席する。

厚労省によると、昨年9月の就任以来、長妻厚労相が慰霊に行くことを希望していた。

 1日から島を訪れている遺族らによる遺骨収集の現場や、島南端にあり要衝だった摺鉢山、栗林忠道中将がいたことで知られる兵団司令部壕を視察する。追悼式は、死亡した旧日本軍兵士を祭る「硫黄島戦没者の碑」前で行われる。

 硫黄島は、米軍が1945年2月に上陸。日本軍は地下壕に立てこもって1カ月余り戦い、日本兵約2万1900人が命を落とした。

      2010/07/12  



                           戻る