Click here to visit our sponsor


--------------------------------------------------------------------------------------

10.3.3

 硫黄島で日米合同慰霊式 戦没者2万数千人悼む


                                    

 太平洋戦争末期に激戦地となった東京都小笠原村の硫黄島で3日、日米合同の慰霊式典があり、両国の元軍人や遺族、政府関係者ら約800人が参列、2万数千人の戦没者を悼んだ。

 照りつける日差しの下、米軍が上陸した海岸に近い「日米再会記念碑」の前で、日本軍を率いた栗林忠道中将の孫の新藤義孝衆院議員が「かつて戦いを交えた者同士が集い、合同で慰霊を行うことに感慨を覚える」と遺族を代表してあいさつ。

 ルース駐日米大使は「65年前の激戦以来、両国は大きく成長を遂げ、世界規模の課題に取り組む友人となった」と強調、外務省の武正公一副大臣は「日米同盟はアジア太平洋地域のみならず、世界の平和と繁栄に貢献してきた。今後30年、50年と持続可能になるよう深化させていく」と述べた。

 長島昭久防衛政務官やライス在日米軍司令官、海兵隊トップのコンウェー司令官らも出席した。

 米軍は1945年2月、硫黄島に上陸。日本軍は地下壕に潜み、1カ月余り持久戦を展開したとされる。同島は一時、沖縄の米軍普天間飛行場の移設候補地として取りざたされた。

                                            【共同通信】

---------------------------------------------------------------------------------------

戻る