2010.9.22

 台風12号が発生 24日にも小笠原諸島付近に

  定期船「おがさわら丸」が1日繰り上げて出航する可能性



 気象庁は21日午後、マリアナ諸島近くで台風12号が発生。台風は急速に発達しながら、24日ごろ小笠原諸島近海に達する見通し。このため、小笠原海上保安署と小笠原村、小笠原海運などは、24日から25日にかけて大荒れの天気となる恐れがあるとして、定期船「おがさわら丸」が
1日繰り上げて出航する可能性があるとして、防災無線で注意を呼び掛けた。

 12号は21日午後9時、マリアナ諸島近海にあり、ゆっくりと西へ進んだ。
台風の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。南東側220キロ以内と北西側190キロ以内は15メートル以上の強風域になる。                  
                           
20109221050分) 

  ※(天気図=NHK)



                            戻る