Click here to visit our sponsor
--------------------------------------------------------------------------------------

10.12.26

小笠原村議の強制わいせつ上告棄却決定  
 女性の体を触った被告、失職へ・・・上告棄却決定 
 



 農作業小屋を訪ねてきた女性の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた小笠原村議、友永成太(本名・成田行夫)被告(60)に対し、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は15日付で被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役1年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。同村議会事務局によると、このまま刑が確定すれば失職する。

 1、2審判決によると、友永被告は04年7月、父島の農作業小屋で作業中、仕事の関係で訪れた女性にキスし、服の上から胸を触るなどした。

 ---------------------------------------------------------------------------------------

戻る